ここから本文です

キム・カーダシアン・ウェスト、通販サイトに勝訴!約3億円の賠償

7/5(金) 10:10配信

デイリースポーツ

 キム・カーダシアン・ウェストが、ネット通販サイトのミスガイデッドUSAと争っていた裁判で勝訴し、270万ドル(約2億9000万円)の損害賠償が認められた。キムは、今年の2月に自身の名前とイメージを無許可で使用されたとして、同ブランドから最低1000万ドル(約11億円)の不当利得返還、及び侵害に関する永久差止命令を求めていた。

 そして今回、裁判所は上記の損害賠償金並びに、欠席判決による弁護士費用6万ドル(約650万円)の支払いを同ブランドに課し、更にはキムのイメージ使用の永久禁止を命令したかたちだ。

 同件を担当したカリフォルニア州の判事は、「ミスガイデッドはカーダシアンの名前や肖像を無断でソーシャルメディアに掲載し、服の販売促進に利用しました」と話している。

 当時キムが提出した裁判文書には、証拠の写真と共に、同ブランドは、商標権を完全に無視した上で自身がデザインした服を模倣し、宣伝促進のためカーダシアンの名前とイメージを承認もなく繰り返し使用したと記されていた。

 また、同ブランドの服についてキムはこう綴ってもいる。「(ミスガイデッドは)ファストファッションで安価の服を専門としており、しばしばそれは他社のデザインから派生したものか、あからさまな類似品です」「ミスガイデッドは、有名なセレブリティが着用したデザインの類似品販売で特に知られており、セレブリティが着用して数日、早い時は数時間以内にそれを発売しています」「ミスガイデッドは、ほかのデザイナーをコピーするのみならず、その類似品を自社のサイトで販売することにより、カーダシアンなどのセレブリティの権利を臆面もなく侵害しています」(BANG Media International/デイリースポーツ)

最終更新:7/5(金) 10:25
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事