ここから本文です

田中広が犠飛「最低限の仕事ができました」5連敗中の広島が先制

7/5(金) 18:51配信

デイリースポーツ

 「阪神-広島」(5日、甲子園球場)

 引き分けを挟んで5連敗中の広島が二回に田中広輔内野手の犠飛で先制に成功した。

 先頭の会沢が左翼線二塁打、小窪が右翼線への安打で続き一、三塁。高橋大は投ゴロに倒れたが、三走・会沢が挟まれタッチアウトとなる間に1死二、三塁となる。

 ここで田中広は岩田の外角低め141キロを左翼へ放ち1点を奪った。好機で得点へ結び付け、「打ったのはツーシーム。チャンスで最低限の仕事ができました」とコメントした。

最終更新:7/5(金) 18:55
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ