ここから本文です

オリックス・山本のソフトバンク戦連続無失点ストップ 鷹キラーまさかの集中砲火

7/5(金) 19:21配信

デイリースポーツ

 「オリックス-ソフトバンク」(5日、ほっともっとフィールド神戸)

 “鷹キラー”がついに打たれた。オリックス・山本由伸投手が四回にグラシアルに同点適時打を浴び、今季開幕から続けていたソフトバンク戦の連続無失点が27イニングでストップした。

【写真】強烈な一撃を見舞ったグラシアル

 防御率1・66でリーグトップの山本は特に首位・ソフトバンク戦に強い。ここまで登板3試合は9回1安打無失点、8回1安打無失点、7回6安打無失点と完璧に封じてきた。この試合でも三回まで2安打と無失点を続け、連続無失点は27イニングまで更新した。

 しかし1点リードの四回、先頭の内川に右前打で出すと、1死後に続くグラシアルに中越えの同点適時打を浴びた。さらには松田、甲斐、高田にも連続適時打を浴びた。鷹キラーのまさかの変調で、この回6安打を打たれ、4点を失った。

最終更新:7/5(金) 19:33
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ