ここから本文です

『AKIRA』新アニメ化 大友克洋監督の新作SFアニメ映画『ORBITAL ERA』製作決定

7/5(金) 15:05配信

オリコン

 映画『AKIRA』などで知られる大友克洋監督による新作SF長編アニメーション映画『ORBITAL ERA』(オービタルエラ)が製作されることが決定した。あわせて『AKIRA』の新アニメ化プロジェクトも発表された。

【画像】4Kリマスターの『AKIRA』の場面カット

 これは、4日に米・ロサンゼルスで行われた『Anime Expo 2019』内のイベントにて、大友監督、サンライズの浅沼誠社長、サンライズの土屋康昌プロデューサーが登壇し明かしたもの。

 『ORBITAL ERA』は、大友氏が原案・脚本・デザインワーク・監督を担当し、近未来の建設途上のスペースコロニーを舞台に、特異な環境や社会の中、翻弄されながらも生きていく少年たちの冒険活劇が描かれる。

 『AKIRA』は、1982~90年にかけて『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載、88年に劇場アニメ化された作品で、本格SFアクションとして一大ブームに。2002年にはアメリカで権威ある漫画賞の1つであるアイズナー賞を受賞するなど、世界各国のクリエイターたちに影響を与えて今なお高い支持を得ている。

 物語は、1988年に関東地区で「新型爆弾」が使用されて第三次世界大戦が勃発した、31年後の2019年が舞台。東京湾上に構築されたメガロポリス・ネオ東京は翌年にオリンピック開催を控えるなど、かつての繁栄を取り戻しつつある中、不良少年グループのリーダーである主人公・金田や、過度の人体実験により新たな「力」に覚醒した仲間の鉄雄の姿が描かれる。

 新アニメ化プロジェクトの詳細はまだ不明だが、原作漫画の1~6巻に準拠したストーリーが展開されるという。

 また、88年に劇場公開された『AKIRA』の「AKIRA 4Kリマスターセット (4K ULTRA HD Blu-ray & Blu-ray Disc 2枚組)」が、2020年4月24日に発売されることが決定した。

最終更新:7/5(金) 16:31
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事