ここから本文です

竹内まりや、山下達郎……欧米で大人気の日本音楽「シティポップ」、その中に封じ込められた「幻の東京」とは

7/5(金) 7:02配信

アーバン ライフ メトロ

都会的で洗練された世界観

 最近、何故か唐突に安部恭弘(やすひろ。※1)を聴いています。かつて札幌のFM局にいた頃にお会いしたことがありました。どことなく理知的なひとだったような記憶が。稲垣潤一が唄ってヒットした「ロング・バージョン」、佐々木幸男の名曲「セプテンバー・バレンタイン」も彼の作曲。アイドルも含め、数々の楽曲を提供していました。

【写真】角松敏生も歌った! 昭和のシンボル「東京タワー」のある風景

 数年前からシティポップが流行っているといいます。ましてやYouTubeなどを通じて海外からの反応も多いというのだから不思議なものです。DJがクラブでシティポップの楽曲を使い始めたところに端を発している、ということも聞いたことがあります。

 さてシティポップを、当時は「シティポップス」と呼んでいたような気がしますが、ここではシティポップと統一して呼びます。シティポップとは、日本のニューミュージック(※2)の中でフォーク寄りではなく、いわゆるポップ寄りの音楽といえばいいのでしょうか。都会的で洗練された世界観を提示しているのが特徴です。

 1973(昭和48)年にリリースされた荒井由実(のちの松任谷由実)『ひこうき雲』のバックで演奏していたティンパンアレーがシティポップの道を開いたともいわれていますが、「都会的で洗練されたポップス」を示す点が強調されていました。アメリカでいえばボズ・スキャッグス、ボビー・コールドウェル、クリストファー・クロスなどのAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)のような存在なのかもしれません。

 松任谷由実、ハイファイセット、ブレッド&バター、大瀧詠一、山下達郎、吉田美奈子、大貫妙子、尾崎亜美、竹内まりや、そして大ブレイクを果たした俳優の寺尾聡(あきら)などが代表的なミュージシャンでしょうか。角松敏生、稲垣潤一、杉真理、山本達彦などもいました。

 シティポップを演奏するのは今は亡き東芝EMI、RCAビクター、アルファのミュージシャンが多かったように思います。もちろん安部恭弘も東芝EMIでした。彼の歌詞は松本隆、康珍化(かん ちんふぁ)、売野雅勇(うりの まさお)など当代きっての作詞家が書いていました。安部恭弘は1982(昭和57)年にソロデビュー、寺尾聡のヒットがソロへの決意をした原因とされています。

※1.安部恭弘:メロウでロマンティックな都会派サウンドで人気を博した80年代シティ・ポップの雄(タワーレコード オンライン)

※2.ニューミュージック:昭和40年代後半に現れた新しいスタイルの日本のポピュラー音楽。フォークやロックの影響を受けた世代によって生み出された(デジタル大辞泉)

1/3ページ

最終更新:7/5(金) 7:54
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事