ここから本文です

ハンド日本L参入の福岡GM懲戒解雇 資金不正流用

7/5(金) 10:32配信

西日本スポーツ

 ハンドボールの日本リーグに今季から参戦する男子のクラブチーム「ゴールデンウルヴス福岡」は4日、ゼネラルマネジャー(GM)だった栗崎純一氏がクラブの資金を不正流用したとして6月21日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。

 代理人弁護士によると、栗崎氏は実態のないガソリン代や駐車場代、高速料金などをクラブに請求し、不正に現金などを受け取っていた。不正を認めているという。今年5月に4月分の領収書を確認していた経理担当者が不審に思い、クラブが栗崎氏に問いただして発覚。請求額が高かった1月から4月分についてさらに確認作業を続けており、被害総額は把握できていない。

 代理人弁護士によると、刑事告訴するかは「未定」という。GMはオーナーの泉可也氏が当面兼務し、日本リーグ参戦にも影響はないとしている。

西日本スポーツ

最終更新:7/5(金) 10:32
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事