ここから本文です

「名古屋走り」に「山梨ルール」!? 世にはびこるローカル運転ルール説に長距離ドライバーが反論

7/5(金) 14:30配信

MOTA

まずはあらためて自己紹介・・・

「普通免許で乗れて、1台でクルマを同時にたくさん移動できる積載車はアツい!」となんとなく昔から思っていて、機会があったらマイ積載車が欲しいと思っていました。積載車を持っているライターはあまりいないだろうという“ネタ”心もあり、たまたま見つけた安い積載車を購入してみたら、イベントの準備やお手伝いのお誘いが来るわ来るわ!! 最近では許認可も得たことで不動車のレッカーの依頼もひっきりなしに入るようになり、全国を西へ東へ行ったり来たり! 月間の走行距離が5000キロを下らなくなり、ライターだかドライバーだかわからなくなってくるほど。

■そんな人いる!? 自家用車に買ったマイ積載車の画像[フォトギャラリー]

けれども、トラックに乗ってみる道路の風景は、これまでの乗用車のそれとは一味も二味も違って見えるもの。さらにクルマで遠出をすると実に様々な出会いがあり、ライターとしてもとても得難い経験を実にたくさんさせてもらっています。

このシリーズコラムでは、少し高いコックピットから見た日本の道路、風景、クルマたちに関することを書いていければと思います。

そんなヤツは全国どこにでもいるぜ!

あおり運転が社会的な問題となるようになって、運転マナーに関する話題をしばしば見聞きするようになりました。そんな中でよく目にするのが、いわゆる「○○走り」というもの。どこそこは乱暴、どこそこはウインカー出さないなどなど、地域性と走り方について、真偽も定かではないようなことも含め、ネットや記事で目にします。

しかし、毎月少ない月でも5000キロほど走行しトラックやクルマで全国を走り回っている筆者からすると、こういう記事には違和感を覚えるものです。「そんなヤツはどこにでもいるぜ!」と。

もちろん、右左折時や車線変更の際に方向指示器を出さない輩は、地域を限定しなくても一定数います(そもそも本来交通法規の違反であり、管轄の警察署などにはしっかり取り締まっていただきたいものですが)。でも、それを言うならさあ!と感じる部分もあります。

例えば、全国どこにでもいて、どこのナンバーが一番強烈かと感じるかと言えば、個人的には足立ナンバーのトラックがダントツ。強引で威圧的な運転のクルマが多い気がします! そして、合流の際に入れてあげてもサンキューハザードなどをしない率で言えば、トラック/乗用車に限らず品川ナンバーが圧倒的に多い、という印象を持っているのです。

ただ、これをもってして「○○走りのくくりが間違っている」と正す気も毛頭ありません。なぜなら、東京湾岸や内陸部で物流拠点が多い「足立ナンバー」「品川ナンバー」エリアのトラック台数は相当多いです。そして官公庁や企業の拠点の多い都心部を含む「品川ナンバー」の乗用車・商用車が全国へ出張するケースの方が、他ナンバーに比べて多いに違いないからです。また当たり前の話ですが、人口が極めて多いエリアで、穏やかに走る普通のクルマの数もその分多くなります。たまたま見かけたひどい事例をひとくくりにして「足立走り」「品川走り」というのもどうかと思っています。

1/2ページ

最終更新:7/5(金) 14:30
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事