ここから本文です

伊調、潔く敗戦認める「悔いはない。梨紗子が強かった」今後は「今は待つ身」

7/6(土) 14:57配信

デイリースポーツ

 「レスリング・世界選手権代表選考プレーオフ」(6日、和光市総合体育館)

 女子57キロ級で、五輪4連覇中の伊調馨(ALSOK)と、リオ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が対戦し、川井梨が勝利。同級の世界選手権(9月、カザフスタン)代表に決まった。

【写真】敗れた伊調馨 姉・千春さんのもとへ

 伊調は東京五輪の道が険しくなったが、「やれることはやったので悔いはない。梨紗子が強かった」と敗戦を受け入れた。今後については「今は待つ身なので、どうなるかは分からないですけど、レスリングに携わっていきたい」と語った。

 試合は死闘。残り1分55秒の時点で1-1。残り1分となったところで伊調がタックルをしかけたが、川井梨が切り返して2ポイント。さらに川井梨に2ポイントが認められ、伊調が1ポイントを取り返したところで伊調側のチャレンジが入った。チャレンジの前の時点では5-2で川井梨がリード。ビデオ判定の結果、チャレンジが認められ3-2と川井梨の1点差のリードに変わった。

 終了間際に伊調が場外に押し出し3-3に。そのまま試合終了となったが、ビッグポイント(1度に大きなポイントを取った選手)が優勢となるため、川井梨の勝利が決まった。

 公表されている東京五輪の代表選考方法では、今年の世界選手権の代表になりメダルを獲得した選手は、そのまま東京五輪の代表に内定する。

 また、世界選手権で5位以内(6人)に入り国としての出場枠を確保し、メダルを獲得できなかった選手は今年12月の全日本選手権で優勝すると東京五輪代表に決まる。もしも、世界選手権で出場枠を確保した選手と、今年の全日本選手権の優勝者が違う場合は、その2人でプレーオフを行う。

最終更新:7/6(土) 21:22
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい