ここから本文です

判定厳しい?エラーで浮かび上がる9連勝の根拠【タカ番記者の好球筆打】

7/7(日) 9:30配信 有料

西日本スポーツ

7回1死一塁、オリックス・吉田正の遊ゴロを後逸する高田

 ◆オリックス5-6ソフトバンク(6日・ほっともっとフィールド神戸)

 ちょっと厳しいかな。そんな印象を受けた。7回の守りに関する記録員の判定だ。1死一塁の場面。相手4番の吉田正が放った二塁ベース付近への強いゴロを、処理に入った遊撃手の高田がはじいた。

 この打球を、公式記録員は「失策」と判定したのだが、個人的には「安打」でもいいのでは?との思いに駆られた。いや、記者席にいた多くの記者が「え~」と驚いてたから、大半が「安打」と思うような打球だったということだ。 本文:1,094文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

西日本スポーツ

最終更新:7/7(日) 9:30
西日本スポーツ

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る