ここから本文です

遊佐未森 30周年ツアー、“黄桃ドレス”でゴージャスに

7/7(日) 19:00配信

デイリースポーツ

 シンガー・ソングライターの遊佐未森(55)が7日、都内で、30周年記念ライブのアンコール公演を行った。

【写真】遊佐未森の鮮やかな黄桃ドレス

 本公演では昨年発売されたベストアルバム「PEACHTREE」にちなみ桃色ドレスを着用していた遊佐だったが、ラストにふさわしく黄色の“黄桃ドレス”でゴージャスに登場。メジャーデビュー曲「瞳水晶」から最新ナンバー「鈴懸けの風薫る」までの全20曲を歌い上げた。

 この日をもって30周年ツアーとしては歌い納め。「充実した30周年でした」と振り返り、今後の歌手生活に「30+1年も張り切って駆け抜けたいと思います」と気合を入れた。

 ライブには、遊佐のデビュー当時の楽曲を手がけたプロデューサーの外間隆史氏も出演。外間氏の病気のために昨年7月の本公演で共演できなかったが、この日リベンジを果たして充実の笑顔を見せていた。

最終更新:7/7(日) 19:07
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事