ここから本文です

【岡山から伝えたい】「元気に戻ってきて」 雨に壊され、灯が消えた町 再興に心を砕く人たち

7/7(日) 10:07配信

山陽新聞デジタル

 日が落ちてもその界隈(かいわい)に街灯がともることはない。

 倉敷市真備町の「宮田団地」。小田川の堤防沿いにあり、昨年7月の西日本豪雨で水没した。

豪雨1年 平穏な日々はまだ遠く

 真備町には昭和の高度成長期以降、倉敷市沿岸部の水島コンビナートの発展に伴い、戸建ての住宅団地が多く整備された。昭和40年代に造成された宮田団地もその一つ。被災前には34戸あったが現在、家屋の建て替え・修繕を終え、戻っているのは7戸ほどだ。

■自治会が機能停止■

 「自治会は解散状態。家もコミュニティーも水にのみ込まれてしまった」。大重正三さん(71)、久誉さん(69)夫妻が団地の現状を語る。

 積み立てていた自治会費は被災後、各戸に返金された。電気代が払えなくなり、団地内9基の街灯はストップした。夜は家の明かりもまばらで、被災住宅からスコップなどが盗まれる被害が起きた。

 約20キロ離れた倉敷市玉島地区に家を借りた大重さん夫妻は、毎日のように団地に通い、6月には自宅の再建が完了。少しでも明かりを増やそうと庭や駐車場には1ダース分の庭園灯を並べた。

 仮住まいから自宅の様子を見に来た住民の姿を目にすると、駆け寄って声を掛ける。折りに触れ、離れて暮らす人たちに団地の写真を添えた便りも出している。

 「忘れていないよ。みんなに会いたい。元気に戻ってきて」ー。そんな思いを込めて。

■仮設に2600世帯■

 死者79人(災害関連死含む、7月5日現在)、行方不明3人、住宅被害9300棟以上―。岡山県内に甚大な被害をもたらした西日本豪雨。被災前、約9千世帯・2万3千人が暮らしていた真備町は町域の3割に及ぶ1200ヘクタールが浸水し、災害関連死を含めて61人が犠牲になった。住宅被害は5700棟以上に上り、今も約2600世帯・6800人が仮設住宅で暮らしている。

 あれから1年。豪雨に壊された町でコミュニティーの再興に心を砕く人たちがいる。

■なんでこんな我慢を■

 大工の林芳夫さん(69)は連日、被災住宅の建て替え工事に当たっている。場所は自身が住んでいる「角第一団地」だ。

 ここも10戸すべてが被災し、避難を余儀なくされた。林さんは豪雨から約1カ月後に戻り、妻と自宅2階で生活しながら自力でリフォームした。しばらくの間、ほかには誰もいない状態が続き、先日、ようやく1戸が戻ってきただけ。林さんは被災後、自治会長を引き受けたものの、街灯を維持する予算を除き会費は精算。団地内の溝そうじもままならず、「さみしいですよ。なんとか自治会が機能するまでに回復してほしい」と思いを打ち明ける。

 林さんが真備町内の被災住宅の建て替え・修繕を請け負ったのは今回で6件目。自身も同じ経験をしただけに、住まいを失った人の心中は痛いほどに分かる。

 「住み慣れた土地、大勢の知り合いがいる町に戻りたいと思っても現実は厳しい。お金の問題もあるし、水害への恐怖もあるだろう。なんでこんな我慢をしないといけんのか」

 今は1人で仕事をこなしている。手伝いの職人を雇えば、予算がかさむ。被災者の負担をできるだけ抑えたい。もうけは考えていない。「快適に、安心して住める家を」と黙々と作業を続けている。

1/3ページ

最終更新:7/7(日) 10:28
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事