ここから本文です

マレー/ セリーナ組、快勝で混合ダブルス初戦突破<ウィンブルドン>

7/7(日) 4:28配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は6日、混合ダブルス1回戦が行われ、A・マレー(イギリス)/ S・ウィリアムズ(アメリカ)組がA・ミエス(ドイツ)/ A・グアラチ(チリ)組を6-4, 6-1のストレートで破り、初戦突破を果たした。

【錦織 マレーは「僕の中で1番」】

シングルス元世界ランク1位同士のペアとなったマレー/ セリーナ組は、強烈なリターンを連発し、序盤から3ゲームを連取。その後も2人は好調なプレーを見せ、第1セットを先取する。

第2セットもストロークの強打でウィナーを重ね、ゲームカウント4-0の好スタートを切る。その後も試合の主導権を握り勝利した。

2回戦では、第14シードのF・マルティン(フランス)/ R・アタウ(アメリカ)と対戦する。

同日のダブルス2回戦でマレー/ PH・エルベール(フランス)組は第6シードのN・メクティッチ(クロアチア)/ F・シュクゴール(クロアチア)組に逆転で敗れた。

また、女子シングルス3回戦で第11シードのセリーナが第18シードのJ・ゲルゲス(ドイツ)をストレートで下して16強入りした。

最終更新:7/7(日) 5:10
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事