ここから本文です

欅坂46 ほぼノンストップの圧巻パフォーマンスで1万6000人魅了

7/8(月) 0:05配信

東スポWeb

 アイドルグループ「欅坂46」が7日、山梨・富士吉田市の富士急ハイランド・コニファーフォレストで、屋外単独ライブ「欅共和国2019」の千秋楽公演を開催し、1万6000人を魅了した。

 一昨年から毎年同所で開催される「欅共和国」は3回目。今年は5日から3日間で計4万8000人を動員した。雨が降るあいにくの天気となったが、メンバー26人は「サイレントマジョリティー」「アンビバレント」など全20曲を披露。ライブは異例ともいえる�アンコールなし�で、MCも1回のみ。ステージをほぼノンストップで駆け抜けた。

 5曲目が終わった後、唯一のMCで、キャプテン・菅井友香(23)は空を見ながら「雲一つない青空が! よかった~」とボケると、小林由依(19)は「そういう感じでいくのね…。私は雨が見えるんだけど」と苦笑い。一方、松田里奈(19)は「私は雨に濡れるのは好きなので、思い出になります」とどこ吹く風だった。

 また、2018年5月に学業のため活動を一時休止していた原田葵(19)がこのイベントで復帰。「久しぶりにたくさんの人の前に立って緊張しています」と話すと、菅井らメンバーは「お帰り」「待ってたよ」などと優しく声をかけた。

 さらに、この日が誕生日だった土生瑞穂(22)は、サプライズケーキを贈られ「え~! 何なに~イチゴのケーキだ、うれしい!」と声を弾ませ「幸せ者だなと思います」と笑顔で感謝した。

最終更新:7/8(月) 0:05
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事