ここから本文です

eスポーツ盛り上げ 27日 笠間市が賞金付き大会

7/8(月) 11:00配信

茨城新聞クロスアイ

茨城国体・全国障害者スポーツ大会の文化プログラムの一環として「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」(10月4~6日)がつくば市で開催されるのに合わせ、笠間市はeスポーツへの関心を高めてもらおうと、笠間地区予選前日の27日に、賞金が付いた市独自のeスポーツ大会を同市友部駅前の地域交流センターともべで開く。

競技は、県の地区予選でも採用されているサッカーゲーム「ウイニングイレブン2019」。高校生と一般の2部門。1チーム3~5人で構成し、3人対3人で対戦する。高校生の部は県内の高校生が対象で、一般の部はチーム内で1人以上が笠間市民とする。各部門とも賞金が贈呈され、優勝者3万円、準優勝者2万円、3位1万円となっている。司会は声優の櫻川めぐさん(桜川市出身)、実況は水戸ホーリーホックスタジアムDJの寺田忍さんが務める。

大会を主催する笠間市は「eスポーツの関心を高め、茨城国体が盛り上がるよう、笠間地区予選前日にあえて開催することにした。初心者の方や親子など気軽に応募していただければ」と呼び掛けている。

参加方法は、笠間市ホームページから申し込む。参加費無料。締め切りは19日。問い合わせは同市秘書課広報戦略室(電)0296(77)1101。
(沢畑浩二)

茨城新聞社

最終更新:7/8(月) 11:11
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事