ここから本文です

メッシ退場…“怒りの3位”表彰式出席を拒否「腐敗と審判がサッカーを駄目にしてる」

7/8(月) 5:30配信

スポニチアネックス

 ◇南米選手権3位決定戦 アルゼンチン2-1チリ(2019年7月6日 ブラジル・サンパウロ)

 アルゼンチンがチリに2―1で競り勝った。FWリオネル・メッシ(32=バルセロナ)は無得点で今大会1ゴールのみ。前半12分に素早いリスタートからFWセルヒオ・アグエロ(31=マンチェスターC)の先制点をアシストしたが、2―0の同37分にチリのDFガリー・メデル(31=ベシクタシュ)とともに退場処分となった。

 メッシが激しい言葉で怒りをぶちまけた。前半途中に相手DFメデルと胸を突き合わせて小競り合いした結果、14年ぶり2度目の一発退場。0―2で敗れた準決勝ブラジル戦後にも審判への不満を口にしていたが、この日は3位表彰式出席を拒否し、「我々はこの腐敗に関与すべきではない。腐敗と審判がサッカーを駄目にしている」と主催の南米連盟を猛批判した。大会中はブラジル寄りの笛ばかりとの不満を抱えており、ペルーと対戦する7日(日本時間8日)の決勝についても「ブラジルが優勝するよう既に仕組まれている」と主張した。

最終更新:7/9(火) 10:58
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事