ここから本文です

24時間TV 大野Tシャツで会見…相葉がドラマ枠初主演

7/8(月) 14:43配信

デイリースポーツ

 日本テレビ系「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(8月24~25日)の制作発表が8日、東京・汐留の同局で行われた。6年ぶり5度目のメーンパーソナリティを務める国民的グループ・嵐をはじめ、チャリティーパーソナリティーの元女子フィギュアスケート五輪銀メダリスト・浅田真央さん(28)、サポーターの徳光和夫アナウンサー(78)、総合司会の羽鳥慎一アナウンサー(48)、水卜麻美アナウンサー(32)が出席した。

【写真】浅田真央さん 大野Tシャツ着用で登場

 嵐のリーダー・大野智(38)がデザインしたチャリTシャツを全員が着用して会見に臨み、番組内で放送されるドラマスペシャル「絆のペダル」に、相葉雅紀(36)が初主演することが発表された。

 相葉は実在の自転車プロロードレーサー・宮澤崇史役を演じる。実話を元にした作品で、肝臓の病気を患った母を助けるために移植が必要となりドナーになることを決意するが、それは選手生命をあきらめる決断でもあった。しかし、奇跡を信じ、自転車日本一の挑戦をするという物語。

 相葉は、大役に抜てきされたことに「忙しくなるぞ~」とおどけ、「大事に、精一杯演じたいです」と意気込み。櫻井翔(37)から「空き時間、ずーっと台本読んでるよね」と崇史役に没頭中の様子も明かされ、相葉は「親子の絆、好きなものへの情熱とか、ロードレースの疾走感とか、いろんなものが混じり合ったドラマ。宮澤崇史さんという方を知ってもらいたいです」と熱く語っていた。

最終更新:7/8(月) 17:28
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事