ここから本文です

鏑木清方、所在不明の代表作『築地明石町』 44年ぶり東京国立近代美術館で公開へ

7/8(月) 14:27配信

オリコン

 日本画家・鏑木清方の代表作でありながら44年間にわたり所在不明となっていた名画『築地明石町』(1927年)が今年6月、東京国立近代美術館(東京・竹橋)に収蔵され、11月1日より公開されることが明らかになった。

【画像】鏑木清方の三部作『築地明石町』『新富町』『浜町河岸』

 “美人画”の大家として上村松園らと並び称される清方。『築地明石町』は帝国美術院賞を受賞し、清方を名実ともに日本を代表する画家のひとりに押し上げた作品。『新富町』『浜町河岸』と合わせた三部作として知られるが、1972(昭和47)年に清方が亡くなると、『築地明石町』は忽然と姿を消し、幻の名作となってしまった。

 今回、『新富町』『浜町河岸』とともに三部作として同美術館に収蔵され、11月1日から12月15日まで、所蔵品ギャラリー第10室において、3点を含む特集展示『鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開』として開催される。

最終更新:7/8(月) 14:44
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事