ここから本文です

吉岡里帆、ホークス戦始球式前に武田選手&甲斐野選手からレクチャー

7/8(月) 17:13配信

オリコン

 女優の吉岡里帆が8日、東京ドームで行われる『鷹の祭典2019』福岡ソフトバンクホークス対西武ライオンズ戦の始球式前に投球練習を行った。ホークスの武田翔太選手と甲斐野央選手からレクチャーを受け、意気込みを語った。

【写真】武田翔太選手がレクチャー、始球式に備えて練習をする吉岡里帆

 緊張の面持ちでブルペンに登場した吉岡だったが事前に練習を行った成果もあり、武田選手と甲斐野選手が驚くほどの腕前だった。吉岡が「マウンドで緊張しない方法って、ありますか」と質問をすると甲斐野選手は「僕も、めちゃくちゃ緊張します」と苦笑い。武田選手も「緊張すると思いますけど、そこは緊張するもんだと思って」とアドバイスを送った。

そして、プロの選手同士のキャッチボールを間近で見たり、握り方や「上の方を狙って投げる」などのアドバイスを受けると、どんどん上達。ノーバウンドでキャッチャーミットに届く球も増えていった。

 約15分程度の練習を終えると最後に「これだけステキなプロの選手に教えていただいた。教えてもらったことを無駄にしないで。もうめっちゃ緊張しているんですけど本番は緊張せずにリラックスして投げたいです!」と意気込みを口にした。

最終更新:7/11(木) 11:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事