ここから本文です

九州南部で100mm/h近い猛烈な雨 土砂災害に注意を

7/8(月) 11:25配信

ウェザーニュース

 今日8日(月)の九州南部は、梅雨前線の影響で鹿児島県を中心に雨が強まっているところがあります。

 国土交通省の「川の防災情報」によると、南大隅町にある大泊観測点で10時までの1時間に92mmの猛烈な雨が降ったほか、アメダスでも同じく南大隅町佐多で44.5mmの激しい雨が降るなど、特に大隅地方で雨が強まっています。

土砂災害に注意を

 九州南部では昼過ぎにかけて、1時間に30mm以上の雷を伴った激しい雨が降るおそれがあります。

 6月28日ごろから7月3日にかけて記録的な大雨に見舞われた鹿児島県では、土の中の水分量が多くなっている可能性があります。
 引き続き急な斜面など危険な場所には近づかないようにしてください。

 また、今後の気象情報や自治体からの情報にも十分注意するように、お願いします。

ウェザーニュース

最終更新:7/8(月) 11:26
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事