ここから本文です

かんぽ保険料、二重払い2.2万件 手当金や営業実績目当て…解約時期遅らせる 不適切販売問題

7/8(月) 9:11配信

西日本新聞

かんぽ生命保険の不適切販売

 かんぽ生命保険は6月27日、同じ種類の保険を一度解約して再び契約する乗り換えにより、顧客が不利益になったと疑われる件数が2万3900件あったと発表した。このうち旧保険を解約後に病気などで新しい保険の契約が結べず、顧客が無保険状態になった事案は2014年4月からの5年間で約1万5800件に上った。乗り換え時に持病などの告知に不備があり保険金を受け取れなかった事案は約3100件。乗り換えではなく、特約の切り替えで対応できた事案も17年10月以降で約5千件あった。

SNSで調査報道の依頼を受付中!

 西日本新聞「あなたの特命取材班」は、暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正告発まで、SNSで寄せられた読者の情報提供や要望に応え、調査報道で課題解決を目指します。ツイッターやフェイスブックの文中に「#あなたの特命取材班 」を入れて発信してください。

西日本新聞社

2/2ページ

最終更新:7/8(月) 12:12
西日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事