ここから本文です

元RADWIMPSの斉木さん、ギターを置いてなぜ汁なし担々麺屋になったんですか?

7/8(月) 16:01配信

BuzzFeed Japan

渋谷駅から徒歩3分。井の頭通り沿いLOFT横に位置する飲食ビルの6階。

小洒落たJazz Bar「琥珀-amber-」のキッチンで昼間から麺の湯ぎりをする青年がいる。間借りの汁なし担々麺専門店「担担担(タンタンタン)」を営む斉木祐介さんだ。

RADWIMPSの結成メンバーという異色の経歴を持つ斉木さんに、間借り店舗の魅力と現在に至るまでの紆余曲折を聞いた。【BuzzFeed Japan / 石井洋】

ホームレスから汁なし担々麺屋へ

――汁なし担々麺の専門店って珍しいですね。

確かに、あんまり無いんじゃないですか。


――もともと専門店をやろうと?

汁なし担々麺の食べ歩きをしてたら自分でやりたくなりまして。去年の頭ぐらいに“プロ遊び人“って名目で遊んでいた時期があったんですよ。でもお金はないし、何しようかなって考えた結果、毎日1000円ぐらいで美味しいもの食べようって決めて。

ラーメンは種類が多すぎるけど、汁なし担々麺なら全制覇できるんじゃないかと思って、3ヶ月間毎日食べ歩きました。


――理想の汁なし担々麺を作りたい、みたいな。

食べ歩きしてるときに色んなアイデアが出てきたから、昔からお世話になってる料理人に相談して一緒にレシピを作りました

――それでなぜ間借り店舗に?

俺いま家がないんですよ。友達の家の一角や満喫で寝泊まりしていて、もう3、4年定住してないんです。身軽なホームレス生活。そんなんだから、間借りの店も身軽でいいなと思って。

担々麺って本来は担ぎ売りらしいんです。ほら「担」じゃないですか。だから運びやすいように汁なし。そこが俺っぽいなって思ってます。

担担担のこだわり

ごまだれとかラー油は自分で調合して作ってるので全部がこだわりですが…トッピングや辛さ、シビれをカスタマイズできる“選べる幅“があるところですかね。

トッピングは温泉卵が人気で、次は納豆。担々麺屋では珍しいと思いますが、ひきわり納豆は麺に絡みやすいしおすすめです。

辛さのレベルも選べるんですけど、辛さって食べてると慣れるみたいです。四川省産の花椒のシビれもハマるのでぜひ。

1/3ページ

最終更新:7/9(火) 6:34
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事