ここから本文です

引退した千代田線6000系も登場! 東京メトロが新木場車両基地イベント開催

7/8(月) 11:06配信

乗りものニュース

洗車機通過体験も

 東京メトロが2019年7月7日(日)、親子向けの車両基地イベント「Family Train Festival! in 新木場」を新木場車両基地(東京都江東区)で開催しました。イベントは3000人限定の事前応募制で、倍率は11倍だったとのことです。

この記事の画像をもっと見る(20枚)

 車両撮影会には、有楽町線と副都心線を走る7000系電車や10000系電車に加え、2018年に千代田線から引退した6000系電車が登場。先頭車両にはヘッドマークが掲出されたほか、6000系の6002号車の社章は、引退時に戻された営団(東京メトロの前身)の団章で展示されました。

 車両洗浄乗車体験では、10000系電車に乗車したまま、車両基地内の44番線にある洗車機を通過。一瞬の出来事でしたが、普段はできない体験に、車内では歓声が上がりました。

 そのほか開催されたおもなイベントは次の通り。

・本物の運転台を使ったシミュレーター体験。
・こども制服撮影会。
・平成に引退した車両のパネル展示。
・有楽町線の車両を使った車掌体験や運転台見学。
・保守用車の乗車体験や展示。
・線路内の落とし物を拾うときに用いるマジックハンドを使ったゲーム。

 会場では、東京メトロのほか、警察や消防、地下鉄博物館、JRバス関東などがブースを出展しました。東京メトロは今回のイベントについて「新木場車両基地での開催は4年ぶり3回目です。七夕に開催することで、親子でより親睦を深めていただき、夏休みも一緒にお出掛けしていただければ」と話しています。

乗りものニュース編集部

最終更新:7/8(月) 11:21
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事