ここから本文です

【MLB】大谷翔平、看板直撃の豪快14号&トラウト2発も…エ軍サヨナラ負けで借金ターン

7/8(月) 7:59配信

Full-Count

トラウトも2本塁打で今季7度目“トラウタニ”弾も…壮絶な打ち合いに敗れる

■アストロズ 11-10 エンゼルス(日本時間8日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、前半戦最終戦の敵地アストロズ戦に5試合連続スタメン出場し、3回の第2打席に一時勝ち越しの14号2ランを放った。6打数1安打2打点で、前半戦は打率.303で終了。エンゼルスはトラウトに2打席連続弾が飛び出したものの、延長10回に勝ち越しを許して10-11でサヨナラ負けを喫し、借金1で前半戦を終えた。

【動画】左中間の看板直撃の豪快アーチ! 大谷翔平が前半戦最終戦で放った14号本塁打の瞬間

 大谷は初回、1死二塁でルーキー右腕ウルキディの前に一ゴロ。しかし、エンゼルスが2点を追いついた直後の3回1死三塁の第2打席で敵地にアーチをかける。初球の91マイル(約146キロ)直球を完璧にとらえると、打球は左中間席の上にある看板に直撃。打球速度106マイル(約170.7キロ)、飛距離397フィート(約121メートル)の豪快な勝ち越し2ランに敵地からどよめきが起こった。

 4点リードで迎えた4回1死三塁の第3打席ではニゴロに倒れると、エンゼルスは5回に3点差に迫られるも、6回先頭のトラウトが右中間へ運ぶ27号ソロ。前半戦での27本塁打はエンゼルスの球団新記録で、最強コンビ「トラウタニ」のアベック弾は今季7度目、通算11度目となった。続く大谷の第4打席は中飛。すると、アストロズはその裏に元DeNAグリエルが満塁弾。5試合連発の6本塁打、13打点という絶好調男の一発で試合は振り出しに戻った。

 エンゼルスは8回、トラウトの2打席連続28号2ランで勝ち越し。続く大谷は際どいタイミングの遊ゴロに倒れた。エンゼルスはチャレンジするもボールの方が早く、判定は覆らずにアウトに。その裏にはバトリーがアルバレスに2点タイムリーを浴び、再び同点。その後、1死満塁でスプリンガーが守護神ロブレスから右翼へのフライを打ち、三塁走者のマリスニックがスタート。本塁で激しいクロスプレーとなり、捕手のルクロイは昏倒した。マリスニックも心配そうに見守る中、ルクロイが担架で退場すると、ビデオ判定でアウトとなった。

 延長10回、1死走者なしで大谷に6度目の打席が回るも、右腕プレスリーの前に空振り三振。エンゼルスはその裏にコールがサヨナラ打を浴び、壮絶な打撃戦を落とした。

 大谷は今季最長を更新する7試合連続安打で前半戦をフィニッシュ。5月7日(同8日)の敵地タイガース戦で復帰してから「3番・DH」に座り、代打出場も含めて通算53試合出場、打率.303、14本塁打、38打点、OPS(出塁率+長打率).924の成績を残した。4日のオールスターブレークを挟み、エンゼルスは12日(同13日)の本拠地マリナーズ戦が後半戦初戦となる。

Full-Count編集部

最終更新:7/8(月) 12:31
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事