ここから本文です

「鷹の祭典」初戦は劇的サヨナラ勝ち 代打栗原の犠飛で5時間21分の激戦に終止符

7/8(月) 23:22配信

Full-Count

西武は9回に森の2ランで逆転するも、その裏ソフトバンクは上林のソロで追いつく

■ソフトバンク 8-7 西武(8日・東京ドーム)

 ソフトバンクが劇的なサヨナラ勝ちを飾った。8日、東京ドームで行われた一戦。「鷹の祭典2019」の東京開催として行われた試合は壮絶なシーソーゲームの末に延長12回まで突入する激戦に。今季の最長試合となった試合は延長12回1死満塁で栗原がサヨナラ犠飛を放ち、5時間21分の激戦に終止符を打った。

【動画】レフトスタンドまで埋まった鷹ファンの中に飛び込む豪快弾 ソフトバンク・上林の2ランホームラン

 先制したのはソフトバンク。2回にデスパイネの20号ソロで先制し、4回には松田宣の20号ソロ、5回には上林の7号2ランと加点していったソフトバンク。7回に3番手武田が崩れて同点に追いつかれたが、その裏に内川の犠飛で勝ち越した。

 そのまま逃げ切りを図ったが、9回にドラマが。西武は先頭の源田が二塁打を放つと、2死三塁で森がフルカウントから左翼スタンドへと運ぶ2ランを放ち、逆転に成功した。だが、ソフトバンクもその裏、上林が増田から右翼スタンドへのこの日2本目のソロ本塁打を放ち、再び同点に。試合は延長戦にもつれ込んだ。

 決着は延長12回裏。1死から福田、内川が安打で1死一、三塁となると、西武ベンチは代打塚田を申告敬遠。満塁となると、代打・栗原がサヨナラ犠飛を放った。

Full-Count編集部

最終更新:7/8(月) 23:46
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ