ここから本文です

劇勝に酔いしれず…気になる作戦面【タカ番記者の好球筆打】

7/9(火) 9:10配信 有料

西日本スポーツ

延長12回1死満塁、サヨナラの中犠飛を放った代打栗原に駆け寄るソフトバンクナイン

 ◆ソフトバンク8―7西武(8日・東京ドーム)

 中継ぎ陣受難の日となった。工藤政権初の10連勝を阻止された7日のオリックス戦に続き、この日も大量失点。7日は8回に5失点して試合をひっくり返され、この日は7回と9回で計6失点と無残だった。

 試合後、工藤監督は「うまくいかないところはみんなでかばい合い」とかばっていた。そうだ。中継ぎ陣だって打たれるときもある。ましてや、相手は12球団一の破壊力を誇る西武打線だ。仕方ないで終わってはいけないが、そこばかりに責任は押しつけられない。

 さて、結果的に工藤ホークスが延長12回サヨナラ勝ちを収めたこの日の一戦。一言で表現するならば「厄介な打者」を起こしてしまった、という点に尽きるのではなかろうか。 本文:1,109文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

西日本スポーツ

最終更新:7/9(火) 9:10
西日本スポーツ

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る