ここから本文です

ハンセン病家族訴訟 国が控訴断念

7/9(火) 14:22配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

ハンセン病患者に対する国の隔離政策でその家族も差別を受けたとして熊本地裁が国の責任を認める判決を言い渡したことについて、国は控訴を断念する意向を明らかにしました。
総額3億7000万円余りの賠償を命じた熊本地裁の判決が確定します。

「筆舌に尽くしがたい経験をされたご家族の皆様のご苦労をこれ以上長引かせるわけにはいきません。その思いのもと異例のことではありますが控訴しないことといたしました」(安倍首相)

この裁判は、ハンセン病元患者の家族561人が国の誤った隔離政策で差別を受けたとして、国に賠償と謝罪を求めていたものです。

先月28日、熊本地裁は国の責任を認め541人に総額3億7000万円あまりの賠償を命じました。

熊本地裁は元患者家族への差別被害を認めただけでなく、厚生労働大臣や法務大臣などに対して、家族への差別、偏見をなくす義務を怠ったと認めました。

安倍総理は「受け入れがたい点もある」としながらも、控訴を断念したことで国の責任を認めたハンセン病家族訴訟の熊本地裁判決が確定します。

RKK熊本放送

最終更新:7/9(火) 14:22
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事