ここから本文です

泉町で土砂崩れ 一夜明けて 民宿宿泊者帰路に

7/9(火) 19:23配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

8日、八代市の市道で土砂崩れがあり、住民たちが一時孤立しました。
一夜明けた9日、現地を取材しました。

土砂崩れが起きた現場では復旧作業が始まり、工事関係者が出入りしていました。
8日午前9時半ごろ、八代市泉町の葉木地区で市道の法面が崩落し、土砂が幅およそ4メートルの道路をふさぎました。
市道は現在も通行止めです。
八代市は8日夕方、旧道を迂回路として急遽整備し、一夜あけた9日正午ごろ
民宿に宿泊していた観光客は家路につきました。

「崩壊したのが9時頃と聞いたので、ちょっと早く帰っていれば、へたしたらダメだったかもしれません。帰れたので安心しています。」(福岡からの宿泊客)
八代市によりますと、今回崩れた法面の上部からはいまも石などが落ちてきているということで、
今後も二次災害などに警戒を呼びかけています。

RKK熊本放送

最終更新:7/9(火) 19:23
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事