ここから本文です

『BREAK OUT祭 2019』でM!LK、MADKID、ONE N’ ONLY、ONEUSが豪華競演

7/9(火) 6:56配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■M!LK、MADKID、ONE N’ ONLY、ONEUSが集結!『BREAK OUT祭 2019』の模様は、8月中旬にテレビ朝日『BREAK OUT』にてオンエア!
7月5日、東京・Zepp Tokyo にて、テレビ朝日系の音楽番組『BREAK OUT』が主催するライブイベント『BREAK OUT祭 2019』が開催された。

【画像】見事にトップバッターの仕事を果たしたM!LK

いま押さえておきたいダンス&ボーカルグループをテーマに、M!LK、MADKID、ONE N’ ONLY、ONEUS が集結。雲間に光を差し込ませるような熱いステージを作りだした。

■M!LK
トップバッターを飾ったのは、変幻自在の7人組、M!LK。色とりどりのサイリウムが輝くなか「ハロー!」とともにメンバーが登場。1曲目にもかかわらず特大のコールが鳴り響き、彼らの持ち味である“ファンと一緒に作るライブ”が展開されていく。寝起きのようなふりに胸キュンさせられる「My Treasure」、個性的なサビが耳から離れない「テルネロファイター」と様々なカラーで観客を魅了した。

また、MCでは、吉田が番組内のゲームに負けて、1曲中に3回投げキスをしなければならないことになっていると告白。ファンにとってご褒美すぎる罰ゲームに、会場からは歓声が沸いた。

この日は、新曲「かすかに、君だった。」も初披露。大切な人を思いパフォーマンスする彼らの姿に思わず視界がにじんだが、直後の「Brave Saga」ではしっかりと会場を温める。心を温かく優しい気持ちにしてくれる、ホットミルクのような存在こそM!LKなのだと感じたパフォーマンスだった。

■MADKID
紅い照明に導かれ姿を現したのは、3ボーカル&2ラッパーの実力派ユニット、MADKID。「RISE」で繰り広げられるダンスは堂々としていて「全員、自分たちのファンに変えてやる」という気迫すら見えた。

その後も「CHANGE」「Stay with me」「COME」と、おのおのの強みを活かしたパフォーマンスを披露。ひと際一体感が会場を包み込んだのは、綱引きダンスが特徴的な「Get Started」。「後ろ~前~ジャンプ!」というメンバーの掛け声により、会場が一斉に前後上下に揺れ動く。自分たちの音楽に巻き込みなんとしたって楽しませる。その心意気こそ MADKID の魅力なのではないだろうか。

最後は“何百回だって、何百万回だって”と強い思いがこだまする「FAITH」によりステージを締めくくった。

■ONE N’ ONLY
白いペンライトが会場に敷き詰められるなか、漆黒の衣装を身にまとった ONE N’ ONLY が登場。攻撃的な視線を「I’M SWAG」にのせ、ファンの心を即座に打ち抜いた。メンバーに煽られるままに手が揺れ、会場は完全に彼らのペースに飲み込まれていく。

「Black Hole」ではセクシーなダンスで魅せつけ、「POP! POP! 」では穏やかな表情で優しく包みこむ。いちだんと危険な香りを漂わせたのは、声を荒げるような歌い方で色っぽい「Category」。フォーメーションチェンジが多い曲にもかかわらず、パフォーマンスは息がぴったり。結成約1年ながらチームワーク抜群な歌とダンスに7人の絆を感じずにはいられなかった。

ラストは「Dark Knight」で締めくくり、観客を大いに盛り上げ、舞台をあとにしたのだった。

■ONEUS
この日のトリを務めたのは、今年の1月に韓国デビューを果たしたK-POPボーイズグループ、ONEUS。今年の8月7日には日本デビューも控え、驚くべきスピードで活躍の場を広げる彼らが、最初に披露したのは韓国でのデビュー曲「Valkyrie」。出だしから圧倒的なパフォーマンスにより観る者すべてを圧倒し、その場の空気を一気に掌握した。楽しくて面白い歌詞がポイントの「English Girl」、デビュー前から大切に愛でてきた「ZigZag」、寂しそうな表情が涙腺を刺激する「Red Thread」と多彩なカラーで ONEUSの魅力を届けていく。

ステージングのていねいな作りこみがよりいっそう際立ったのは「BingBing」。ジャンプの高さやポジションの幅など、一つひとつに対するこだわりの強さが色濃くみえ、彼らがいかにこだわりをもってエンターテインメントを作りこんでいるのかと痛感させられる。

最後には記念すべき日本デビュー曲となる「Twilight」を日本語版で初披露。ONEUS の名を観客すべてに知らしめた。

ライブパフォーマンス後には、『BREAK OUT祭』恒例となったハイタッチ会も実施。ファンからの「かっこよかった!」「お疲れさま」という声かけに、ライブ直後で疲れているはずの出演者たちも思わず笑顔。Zepp Tokyo が幸せに包まれるなか、大盛況のうちに幕を下ろした。

この日の様子は8月中旬に放送が決定。あの日の熱狂を、ぜひ画面越しに感じてほしい。

TEXT BY 坂井彩花
PHOTO BY Viola Kam (V’z Twinkle)

番組情報
テレビ朝日『BREAK OUT』
放送時間:毎週水曜日 25:29~25:59(関東地区)
※放送時間は変更になる可能性がございます。
※放送地域により放送日時は異なりますので、詳しくは番組サイトをご覧ください。

『BREAK OUT』番組サイト
https://break-out.jp/

最終更新:7/9(火) 6:56
M-ON!Press(エムオンプレス)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事