ここから本文です

鈴鹿サウンド・オブ・エンジンに6輪F1マシン”ティレルP34”の登場が決定。”オーナー”ピエルルイジ・マルティニがドライブ

7/9(火) 18:00配信

motorsport.com 日本版

 今年の11月16日(土)と17日(日)に鈴鹿サーキットで行われる「SUZUKA SOUND OF ENGINE 2019」に、伝説の6輪F1マシン”ティレルP34”が来日。走行を披露することが決まった。

ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

 新旧のレーシングカーがその雄姿とエンジン音を披露する恒例のイベント「SUZUKA Sooud of ENGINE(鈴鹿サウンド・オブ・エンジン)」。今年も11月の16日と17日の2日間にわたって開催される。

 このイベントに、伝説の6輪F1マシン”ティレルP34”が登場し、国際レーシングコースをデモ走行することが決まった。

 このティレルP34は、1976年シーズンのF1に登場。スウェーデンGPでジョディ・シェクターが優勝するなど表彰台の常連として活躍し、コンストラクターズランキング3位となったマシンだ。この年日本で初めて開催されたF1レース”F1世界選手権in ジャパン”にも出走し、パトリック・デパイユのドライブで2位になっている。

 このマシンが6輪となったのは、空気抵抗を減らすことが主な目的だった。空気抵抗を減らすために、前輪を小径化。タイヤの設置面積を確保し、さらに1本のタイヤにかかる負荷を軽減するために、前輪を左右2つずつの4つとしたのだ。

 このP34以外にも、ウイリアムズやマーチなどが6輪F1マシンをテストしたが、いずれも実戦投入されることはなく、その後6輪車の使用自体がレギュレーションで禁止されたこともあり、このP34は唯一F1の実戦を戦った6輪車ということになる。

 今回来日するP34は、ミナルディやスクーデリア・イタリアなどで活躍した元F1ドライバーのピエルルイジ・マルティニが所有するマシン。マルティニはP34に対して強い憧れを持っていたとのことで、2017年にP34/5を入手。その後P34/2も手に入れるなど、世界屈指のP34コレクターになっているという。

 今回のSound of ENGINEでも、マルティニがステアリングを握り、ドライブを披露する予定である。

 SUZUKA Sound of ENGINE 2019のチケットは、9月15日(日)から発売される。

最終更新:7/9(火) 20:06
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事