ここから本文です

【WWE】極悪変身AJ US王者リコシェを完全KO

7/9(火) 12:36配信

東スポWeb

【ニュージャージー州ニューアーク9日(日本時間10日)発】WWEのロウ大会が行われ、先週に再結成したばかりの「ザ・クラブ」(AJスタイルズ、ルーク・ギャローズ、カール・アンダーソン)が悪の理不尽軍団に変身。US王者リコシェ(30)を粉砕した。

 5日後のPPV大会「エクストリーム・ルールズ(ER)」(14日、ペンシルベニア州フィラデルフィア)で、AJはリコシェに挑戦。先週大会で王者を襲撃して、盟友2人と再合体したAJは、さっそく「悪のボス」ぶりを発揮した。

 この日はギャローズがリコシェと対戦。試合前にマイクを握ったAJは「何をそんなに急いで上へ走り続けてる? WWEの流れは速い。ギャローズが今夜、お前の勢いを止める」と、昇格後からノンストップでトップの座を手中にしたハイフライヤーを挑発した。リコシェはパワーに苦しみ空中殺法を封じられるも、一瞬の回転エビ固めで丸め込み3カウントを奪った。

 するとAJは信じられない行動に出た。「これで勝ったつもりか? お前は1人で俺たち3人に勝てると豪語していたよな? 次はアンダーソンが相手だ」と自軍との連戦を要求したのだ。要は「ER」の王座戦で自分が優位に立てる状況を作ろうという魂胆だ。

 策略に屈せず涙ぐましいまでに奮闘する王者だが、これまた大型のアンダーソンに苦戦を強いられた。スワンダイブ式フライングラリアートを見舞うも、強烈なスパインバスターを食らってしまう。それでもジャンピングハイキックからロープに飛んだ瞬間、AJがエプロンで足を引っ張り妨害行為に出る。明らかな反則だ。

 さすがに怒ったリコシェは場外の2人を回転式トペ・スイシーダで蹴散らすと、コーナーから場外へのムーンサルトアタックでAJを大の字にさせた。すぐさまリングに戻るやドロップキックから、鮮やかなスプラッシュ弾。1日2試合を見事な連勝で飾った。

 しかし試合後に待っていたのはザ・クラブによる残虐なリンチ行為だった。AJの脳天砕き、ギャローズとアンダーソンのマジックキラー、3人が入れ替わっての顔面パンチ連打…。AJは一度は引き揚げながら再度リングに戻り、フェノメナール・フォアアームで完全KOする念の入りようだった。

 ピクリとも動けないリコシェを見下してポーズを決める3人。王座戦もザ・クラブの介入は必至で、世界一のハイフライヤーは王座陥落の危機に立たされた。

「エクストリーム・ルールズ」は日本時間15日、WWEネットワークで生配信(日本語実況版あり)される。

最終更新:7/9(火) 15:25
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事