ここから本文です

5カ月連続で賃金減、勤労統計 名目と実質ともに、5月

7/9(火) 8:31配信

共同通信

 厚生労働省が9日発表した5月の毎月勤労統計(速報、従業員5人以上の事業所)によると、基本給や残業代などを合わせた1人当たりの現金給与総額(名目賃金)は前年同月比0.2%減の27万5597円だった。物価の影響を加味した実質賃金は1.0%減で、名目、実質ともに5カ月連続のマイナスとなった。

週6日働いて手取り15万の父子家庭 貯金できず「進学、今だと厳しい…」

 厚労省は「1月に抽出調査の対象事業所を一部入れ替えた結果、賃金水準の低い事業所が増え、前年よりも低くなっている」と分析している。

 現金給与総額のうち、基本給など所定内給与は24万3208円で0.6%減少した。

最終更新:7/9(火) 12:18
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事