ここから本文です

【次走】リスグラシューはオールカマーで復帰へ 豪州遠征は見送り

7/9(火) 19:02配信

netkeiba.com

 6月23日の宝塚記念(GI)を制したリスグラシュー(牝5、栗東・矢作芳人厩舎)は、9月22日に中山競馬場で行われるオールカマー(GII・芝2200m)での復帰を視野に入れていることがわかった。

【写真】リスグラシューこれまでの軌跡

 リスグラシューは父ハーツクライ、母リリサイド、その父American Postという血統。昨年のエリザベス女王杯を制してGI初制覇。前走は宝塚記念でキセキらを下し、牡馬相手のビッグタイトルも手にした。

 また、豪州で行われるコックスプレート(10月26日)への遠征も視野に入れていたが、見送りが決定。同じく視野に入れている米国のブリーダーズC(11月1日、2日)への遠征は未定とのこと。

最終更新:7/9(火) 19:02
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事