ここから本文です

テロ対策施設の準備工事で重機が宙づりに けが人なし 柏崎刈羽原発

7/9(火) 21:31配信

毎日新聞

 東京電力は9日、柏崎刈羽原発(新潟県)で、テロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特定施設)の準備工事のため、クレーンで地下に掘削用の重機(約15トン)をつり下ろす作業をしていたところ、重機が反転して宙づりになったと発表した。けが人はない。燃料タンクから軽油約20リットルが漏れたが放射性物質は含まれておらず、外部への漏えいはないとしている。

 東電によると、9日午前11時40分ごろ、地上から地下に重機をワイヤ4本で固定し、つり下ろしていたところ重機のバランスが崩れ、天地が逆さまとなった。燃料タンクの空気穴から軽油が漏れ出したことから、柏崎市消防本部へ通報。漏れた軽油は吸着マットで処理し、重機は地面にアームをつけた状態で安定させ、今後復旧方法を検討する。東電は「特定施設のため、事故のあった場所の詳細についてはお話しできない」と説明。ワイヤのつり方やクレーン操作に問題があったと見て原因を調べている。【内藤陽】

最終更新:7/9(火) 21:43
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事