ここから本文です

米軍事故、日本側立ち入り迅速化 指針見直しへ最終調整

7/9(火) 18:00配信

共同通信

 日米両政府は、在日米軍基地の外で起きた米軍機事故で双方の初動対応を取り決めた「軍用航空機事故に関するガイドライン(指針)」を見直す方向で最終調整に入った。地元警察や消防が事故現場に迅速に立ち入ることができるよう日本側の権限を強化する。外務、防衛担当者が運用改善を話し合う日米合同委員会で月内にも合意する見通しだ。日本政府関係者が9日、明らかにした。

 現行の指針は、事故現場周辺への日本側の立ち入りについて、米側の同意が必要だと定めているが、見直しでは、日本側の速やかな立ち入りを可能にする内容を加える方向だ。

最終更新:7/9(火) 18:00
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事