ここから本文です

錦織圭 下馬評覆せるか Vオッズは51倍で5番人気“ラスボスラッシュ”有力で

7/9(火) 19:10配信

デイリースポーツ

 「テニス・ウィンブルドン選手権」(9日、ロンドン)

 2年連続8強入りを果たした錦織圭(29)=日清食品=が、悲願のグランドスラム優勝に向け、試練の3連戦に挑む。10日の準々決勝で対戦するのはウインブルドンV8で“芝の王者”と呼ばれ、世界ランク3位のフェデラー(スイス)、その後も勝ち進めば、順当に行けば準決勝は全仏の準々決勝で完敗した世界ランク2位のナダル(スペイン)、決勝では前年覇者で世界ランク1位のジョコビッチ(セルビア)とあたる。

【写真】ハードヒットだけじゃない 錦織の華麗なバックハンドのスライス

 英ブックメーカーの「ウイリアムヒル」は、準々決勝のオッズとしてフェデラーの勝利に1・11倍、錦織の勝利に6・5倍のオッズをつけた。また、8強入り選手の優勝オッズはジョコビッチが1・67倍、フェデラーとナダルが4・33倍、バウティスタアグートが41倍で、錦織はクエリーと並んで51倍の5番人気。世界ランクでいえば4番手だが、順当に行けばBIG3すべてを倒さなければ優勝できない過酷な組み合わせに、人気を落としているようだ。

 ネット上では「空前のラスボスラッシュ」、「ゲームでも諦める難易度」と嘆きの声が上がるレジェンドたちとの戦いを制し、伝説となれるか。

最終更新:7/9(火) 19:42
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事