ここから本文です

木材専門の調査会社、レンゴー調査(株)(大阪)が破産開始決定

7/9(火) 12:00配信

東京商工リサーチ

 レンゴー調査(株)(TSR企業コード:570805120、法人番号:9120001048472、大阪市西区西本町1-10-3、設立1961(昭和36)年6月、資本金2000万円、小嶋誠社長、従業員23名)は7月5日、大阪地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には春木由香弁護士(玉越法律事務所、大阪市北区中之島2-3-18、電話06-6209-2177)が選任された。
 負債総額は約6600万円。
 建材、木材、住宅機器、家具木工、建設などの住宅関連産業の企業信用調査や信用情報(倒産情報)を収集、会員企業向けに提供していた。本社を置く大阪をはじめ、名古屋支社、九州支社を設置。東京都中央区にある関連のレンゴー調査(株)(TSR企業コード:291238637、法人番号:6010001060697)とともに全国一円に調査網を広げていた。バブル期の需要増加に合わせて、1991年9月期には売上高約11億円を計上していた。
 しかし、バブル崩壊を境に徐々に需要は低迷。この間、好不況を繰り返しながらもデジタル化に後れをとり、2018年9月期の売上高は約1億5000万円にとどまっていた。そうしたなか、小嶋誠社長が他界し、事業継続が困難となり、今回の措置となった。

最終更新:7/9(火) 12:00
東京商工リサーチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事