ここから本文です

夏の家電の思わぬ危険 7月に急増の「エアコン火災」 コンセントや室外機の周りに要注意

7/9(火) 11:32配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 暑い夏到来。エアコンや扇風機など夏の家電を使い始めた人も多いのではないでしょうか?しかし、使い方を誤ると「エアコン火災」など思わぬ危険もあるようなんです。

 名古屋市西区にある、エアコン取り付け工事などを行っている会社「ヒカリカンパニー」。この日は、名古屋市内のお宅での工事。12~13年前から使い続けてきたという、古くなった子ども部屋のエアコンの交換です。

 実はこの時季、暑さの到来に備えようとエアコンの交換や修理の依頼が増加するといいます。

 工事を始めると配線カバーには、長年使い続けてきたためなのかホコリの層ができていました。

「“エアコンのところが出火”して、それを取り外すのが数年に一回あります」(ヒカリカンパニー 前田廣宜代表取締役)

 製品評価技術基盤機構(NINE)の“エアコンの火災事故の発生件数”の調査によると、毎年約50件ものペースで火災が発生。しかも、エアコン火災が最も多い月は7月だというのです。

 多くの人が本格的にエアコンを使い始める7月。しかし、ひとたび火災となれば死亡者が出る事例も。

火災原因 「トラッキング現象」

 実はこの火災発生の一因となっているのが、コンセントのホコリ。

「年中差し抜きするものではないので、この上にホコリが溜まってきます。そのホコリが火災の元で“トラッキング現象”というものが起きます」(ヒカリカンパニー 前田廣宜代表取締役)

 その“トラッキング現象”を捉えた実験の様子。コンセント周辺に積もったホコリが、激しい火花とともに燃えあがりました。

 付着したホコリなどが原因で異常な発熱が起こる、この現象。どんな電化製品でも起こりうるのですが、エアコンの場合は高い位置にコンセントがありホコリの掃除をすることが少なく、特に注意が必要だといいます。

「夏の前、エアコンを使う際はいったんコンセント抜いていただいて、必ず乾いたタオルでコンセント周りを拭いてから使用してほしい」(ヒカリカンパニー 前田廣宜代表取締役)

1/2ページ

最終更新:7/9(火) 11:50
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事