ここから本文です

JR東日本の東京総合車両センター、8月24日一般公開 今年は車両展示・試乗会なし

7/9(火) 16:40配信

乗りものニュース

近隣の「スポル品川大井町」も会場に

 JR東日本東京支社が、2019年8月24日(土)に東京総合車両センター(東京都品川区)で一般公開イベントを開催します。

 入場は無料。開催時間は午前10時から15時(入場は14時30分)まで。当日は、ミニ電車乗車体験をはじめ、車掌体験、鉄道玩具「プラレール」や鉄道模型(Nゲージ)の展示などを予定。車体洗浄装置の通過、運転台(マスコン)操作、高所作業車体験、「プラレール」走行体験は整理券が配られます。一部は小学生以下の子ども向けです。

 このほか、品川消防署、品川警察署の展示も実施。さらに社員食堂の開放や鉄道グッズ、福島県伊達市の物産品販売なども行われる予定です。

 隣接するスポーツ施設「スポル品川大井町」では、『新幹線変形ロボ シンカリオン』展示や駅長制服体験なども予定されています。

 会場の東京総合車両センターは、京浜東北線の大井町駅(東京都品川区)中央口から徒歩約10分です。

 なお、JR東日本東京支社によると、今回、車両展示と試乗会、実際に使用されていた鉄道車両の部品販売は行われません。また、三脚・一脚・脚立・自撮り棒などの持ち込みや会場内での使用はできないとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:7/9(火) 16:53
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事