ここから本文です

錦織2年連続8強「満足」 フェデラー戦は「勝てると思う」<ウィンブルドン>

7/9(火) 5:03配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は8日、男子シングルス4回戦が行われ、第8シードの錦織圭が世界ランク58位のM・ククシュキン(カザフスタン)を6-3, 3-6, 6-3, 6-4で破り、2年連続2度目のベスト8進出を果たした。試合後の会見では、第2シードのR・フェデラー(スイス)との準々決勝へ向けて「勝てるとは思ってます」と意気込みを見せた。

【錦織vsフェデラー 1ポイント速報】

この日、2時間43分の激闘を制した錦織は「思っていたよりもタフな相手だった。満足しています。今日は簡単ではなかったので、作戦を見つけて徐々にいいプレーも出た」と手応えを得ていた。

錦織はフェデラーと11度目の対戦で、3勝7敗と負け越している。直近は昨年11月のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)予選ラウンドロビンで、フェデラーをストレートで下した。

「ロジャー(フェデラー)とやることは楽しみです。芝で最高の相手。速い展開はしてくるだろうし、今までのようにラリーはできないと思う。ラリー戦にはならないと思うので、先に仕掛けれたらと思います」

最終更新:7/9(火) 5:04
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事