ここから本文です

回路用銅箔 18年生産1.2%増

7/9(火) 11:14配信

日刊産業新聞

 日本電子回路工業会(JPCA)がこのほどまとめた調査結果によると、2018年の日系企業の回路用電解銅箔生産量は前年比1・2%増の11万321トンだった。国内外ともにわずかに増加した。一方、圧延銅箔はスマートフォン関連需要の低迷などから6%減の1万1973トンと、6年ぶりに前年を下回った。電解、圧延銅箔のいずれも輸出比率は8割台で依然として上昇傾向が継続した。

最終更新:7/9(火) 11:14
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事