ここから本文です

佐藤仁美、許せないのは“クチャラー”「罪にならないなら蹴るくらいはしたい」

7/9(火) 17:58配信

クランクイン!

 女優の芦名星が9日、都内で行われた7月27日スタートの主演ドラマ『W県警の悲劇』(BSテレ東/毎週土曜21時)の記者会見に、各話ゲストで出演する佐藤仁美、佐津川愛美、谷村美月、優希美青、戸田菜穂、鈴木砂羽、床嶋佳子、伊藤かずえと共に出席。佐藤は、許せないという“クチャラー”に対して「罪にならないなら蹴るくらいはしたい」とぶっちゃけ、会場の笑いをさらった。

【写真】芦名星、佐藤仁美らがスーツ姿でキメて登場


 本作は、葉真中顕の同名小説をドラマ化した謎解きエンターテイメント。芦名演じるW県警の警務部監察官・松永菜穂子が各話に登場する女性警察官らと女同士のバトルを繰り広げる。

 谷村が「恐怖を感じた」と明かすほど、分厚い台本だったという同作。現場の雰囲気を聞かれた芦名は、あまりのセリフ量に「とにかくすごい喋るんですよ。本当に1日でこれは何年分話したってなるくらい」と吐露。

 撮影で怖いと感じた体験について聞かれた佐津川は「痴漢されるシーンがあるんですけど、私は高校生のときに痴漢にあっていたりしたので、その経験を話したら、痴漢役の人がまさにうまくて(笑)。触られ方がすっごいリアルで、そのときの怖さをリアルに思い出しました」と振り返った。

 また、許せないタイプの女性を聞かれた佐藤は、食事をする際に音を立てる人々を称する“クチャラー”と回答。その理由について「本当はいっぱいあるんですけど、いっぱい書くのはちょっとなと思って、選ぶならクチャラーだなと。ガムくちゃくちゃしながら歩いてくる変な女とか、蹴って罪にならないなら蹴るくらいはしたい」とぶっちゃけた。

 さらに「どうしてもやめられないことは?」という質問に佐藤は「お酒だけがどうしてもやめられなくて。太っていた時期があるんですよ」と告白するも、お酒をやめずにダイエットを成功させたことについて「“そこの会社”の方からすごく感謝されて、すごく褒めてもらいました」と、以前出演したCMを彷彿とさせるコメントで笑いを誘った。

 土曜ドラマ9『W県警の悲劇』は、BSテレ東にて7月27日より毎週土曜21時放送。

最終更新:7/9(火) 17:59
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事