ここから本文です

野手はヤクルト中村、投手は中日柳が出色の好成績…セイバー目線で選ぶ6月月間MVP【セ編】

7/9(火) 11:22配信

Full-Count

野手で候補となるのは中村の他、阪神糸井、DeNA神里の3人

 交流戦があったということで、ほぼ対パ・リーグとの対戦成績となっている6月のセ・リーグ各チーム成績は以下の通りです。

【画像】「チンピラに絡まれたと」… DeNA山崎と広島鈴木が路上でバッタリ遭遇

巨人 15勝7敗 打率.254 OPS.750 本塁打28 防御率3.14
DeNA 13勝8敗 打率.252 OPS.748 本塁打29 防御率3.30
中日 10勝12敗 打率.252 OPS.670 本塁打 8 防御率4.02
阪神 7勝13敗 打率.249 OPS.653 本塁打11 防御率3.34
ヤクルト 7勝15敗 打率.234 OPS.694 本塁打23 防御率4.86
広島 6勝15敗 打率.228 OPS.644 本塁打18 防御率4.09

 例年パ・リーグ優位とされている交流戦ですが、今年もセ・リーグは46勝58敗と負け越してしまいました。そんな中、巨人は5カードで勝ち越し、6月の勝ち越しが8となりリーグ首位を奪還しました。また最大11の借金があったDeNAも交流戦4カードで勝ち越し、6月末で借金1にまで回復しました。ちなみに、ヤクルトの16連敗初日となった5月14日以降の成績を見ると

ヤクルト 7勝30敗 勝率.189
DeNA 22勝12敗 勝率.647(6月30日まで)

 と対照的です。勝率.647は昨年パ・リーグを制した西武の勝率.624よりも高くなっています。5月は20勝4敗とまさに鯉の季節に急浮上した広島でしたが、6月はパ・リーグ相手に5カードで負け越し。月間最下位となってしまいました。そんなセ・リーグの月間MVPは7月9日に発表される予定です。

 月間MVPの選出基準は原則NPB公式記録が用いられます。ただ打点や勝利数といった公式記録はセイバーメトリクスでは、個人の能力を如実に反映する指標として扱わないので、個人の選手がどれだけチームに貢献したかを示す指標による評価は、公式のMVPとは異なることもあることでしょう。

 そこで、セイバーメトリクスの指標による6月の月間MVP選出を試みます。

〇6月月間MVP セ・リーグ打者部門

中村悠平(ヤクルト)
OPS.934 wOBA0.421 RC27 8.72 出塁率0.482 出塁率0.500
(すべてリーグ1位)

 公式による今月の月間MVP候補選手は10名ですが、セイバーメトリクス指標による有力候補はこの3人に絞られます。

○中村悠平
打率.340 18安打 本塁打0 打点3 得点圏打率.385 四死球16 三振7

○糸井嘉男
打率.354 28安打 本塁打1 打点10 得点圏打率.588 四死球14 三振6

○神里和毅
打率.320 31安打 本塁打2 打点8 得点圏打率.278 四死球6 三振19

1/3ページ

最終更新:7/9(火) 11:30
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/26(月) 4:50

あなたにおすすめの記事