ここから本文です

イチロー氏、07年の史上初ランニングHRが歴代5位 MLB公式が球宴活躍選手トップ13選出

7/9(火) 22:36配信

Full-Count

イチロー氏は2007年のオールスターで史上初のランニングホームランを放ちMVPに輝く

 第90回MLBオールスターゲームは9日(日本時間10日)、インディアンスの本拠地クリーブランドのプログレッシブ・フィールドで開催される。メジャーを代表するスター選手たちの夢の祭典ではここまで数々の伝説が作られてきた。MLB公式サイトでは球宴で活躍した選手トップ13を掲載し、今季現役を引退したイチロー氏が5位にランクインした。

【動画】MLBの歴史に名を刻む…イチローが2007年オールスターで放ったランニングホームランの実際の映像

 MLB公式サイトは「最も素晴らしいオールスターゲームのパフォーマンスを再び」と見出しを付け、過去の球宴で活躍したトップ13をランキング形式で掲載。5位には2007年にオールスターゲーム史上初のランニングホームランを記録したイチロー氏がランクインしている。

 2007年7月10日。マリナーズ時代のイチローはジャイアンツの本拠地AT&Tパークで行われた第78回MLBオールスターゲームに出場。5回1死一塁の場面で第3打席を迎えると右翼への長打を放つと右翼手がフェンスに直撃したクッションボールの処理に手間取る隙に快足を飛ばし、ホームを駆け抜けた。

 オールスター史上唯一のランニングホームランを放ったイチローは、3安打2打点の活躍でア・リーグを5-4での勝利に導きMVPに輝いた。

 イチロー氏が5位にランクインした理由を記事では「ランニングホームランだけでランクインするに値するかもしれないが、もちろん、彼の貢献はこれだけではない。シアトルのスターは、先頭打者として、ジェイク・ピービーからシングルヒットを放ち、3回にも再びシングルヒットを打って、打席の中でパーフェクトな夜を終えた」と説明している。

MLB公式サイトが選出したオールスター活躍選手トップ13

1位 ペドロ・マルティネス 1999年
2位 ボー・ジャクソン 1989年
3位 カール・ハッベル 1934年
4位 テッド・ウィリアムス 1946年
5位 イチロー・スズキ 2007年
6位 ティム・レインズ 1987年
7位 アル・ローゼン 1954年
8位 アーキー・ヴォーン 1941年
9位 ウィリー・マッコビー 1969年
10位 デレク・ジーター 2000年
11位 デーブ・パーカー 1979年
12位 ベーブ・ルース 1933年
13位 ラリー・ジャンセン 1950年

Full-Count編集部

最終更新:7/9(火) 22:36
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(月) 13:45

あなたにおすすめの記事