ここから本文です

中国が嫌う「普通選挙」、香港デモが蒸し返す-若者にくすぶる不満

7/9(火) 9:58配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 香港立法会(議会)の建物にデモ隊の一部が突入した今月1日、議場の正面にいたマスク姿の若者1人が拡声器を上げてこう叫んだ。「真の普通選挙を私は望んでいる!」

林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官に逃亡犯条例改正案を審議させないようにする試みから、北京による香港統治への全般的な批判へと発展した数週間に及ぶ抗議活動の中心にあるのがこの要求だ。直接選挙が実現していないことが「諸悪の根源」であり、これでは指導者が自身の政策で市民の支持を得られないとデモ隊は主張する。

一方、30年前の天安門事件で中国共産党の権威に対する挑戦をやめさせるためなら、あらゆる手段もいとわないことを示した中国共産党の方針が揺らぐ可能性はほぼない。中国と英国が設けた制度に行使できる影響力の乏しさに不満を強める香港の若者と北京(中央政府)との長引く対立にはこうした背景がある。

ロンドン大学SOAS中国研究所ディレクター、曽鋭生(スティーブ・ツァン)氏は「北京はいかなる犠牲を払ってもこれを認めない」と指摘。「そのような要求をする人々は1989年の民主化運動の歴史を読み返すべきだ。彼らは全く非現実的なことを求めて香港を非常に危険な領域へと追いやっている」と話す。

デモ参加者が期待できるのは北京の中央政府が「行政長官にふさわしくない人物を選ぶリスクを抑える」手段として改革をせいぜい提示する程度だと曽氏は語った。

原題:Hong Kong Protests Revive Demand China Hates: Real Elections(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Natalie Lung

最終更新:7/9(火) 9:58
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事