ここから本文です

ワイヤレス充電器の選び方 4つのタイプ別に紹介

7/10(水) 10:05配信

ITmedia Mobile

2.スタンドタイプはデスク周りで重宝する

 仕事机などにワイヤレス充電器を設置する場合には、スマートフォンを立てかけるようにして使うスタンドタイプがよい。スマートフォンの画面が自然な角度で視界に入るので扱いやすく、顔認証などを採用する機種では、いちいちスマートフォンを持ち上げることなくロックを解除できる。

 一方で、コイルの位置を合わせづらいという特徴もあるので、使用するスマートフォンが対応しているのかどうか、購入前に確認する必要がある。また、横向きで動画を再生しながらワイヤレス充電を行いたい場合には、横向き使用もサポートした製品を選びたい。

 例えば、先ほど平置きタイプで紹介したBelkinのワイヤレス充電器には、スタンドタイプの製品もある。充電性能や、QC(Quick Charge)対応充電器やケーブルが付属するのは平置き型と同様だが、こちらはスマートフォンを立てかけられる。また、縦向きと横向きの両方に対応するので、デスクでブラウジングや動画鑑賞をしながら充電したい人にもおすすめだ。

 同じBelkinでも縦向きのみに対応したワイヤレス充電器もある。価格は安いが、出力は最大5Wとなっている点に注意が必要だ。使用頻度の高い場所には、出力の高い製品をメインで使用した方がよいだろうが、サブとして設置するような用途なら、こちらの方がコストダウンを図れるだろう。

 カバンに入れて持ち運んで使用したいという場合には、Artfit Qiワイヤレス充電器のような折りたたみ式も検討したい。充電用コイルがある中央部分を持ち上げて角度を変更でき、平置き、横置き、立ておきの3パターンに対応可能だ。最大出力は10W。

3.自室に設置するなら付加価値にこだわる製品選びもアリ

 ワイヤレス充電器は場所を占領するのであまり積極的に利用していないという人もいるだろう。そういう場合には、充電器に付加的な機能が備わっている製品を選んではいかがだろうか。例えば、下の例のように時計としての機能や、バックアップデバイスとしての機能を備える製品もある。

 「Gotek Wireless Charger」は、DISCOVERストアで販売されている最大10W出力の多機能ワイヤレス充電器だ。充電パッド面に電子ディスプレイが搭載されており、スマートフォンを設置していないときには、デジタル時刻として使える。アラーム機能も備える。また、ベース部分は「ナイトライト」機能により、寝室での夜間照明としても活躍する。

 「iXpand ワイヤレスチャージャー」は、外部メモリで広く知られるサンディスクブランドから発表されたQi対応のワイヤレスチャージャーだ。256GBのストレージを備えており、専用のアプリをインストールしたスマートフォンを設置すると、充電を行いながら、自動で端末内の写真をバックアップしてくれる。スマートフォンごとにバックアップしたデータをパスワードで保護できるので、家族で使用してもプライバシーを保てる。対応機種はiOS11.0以降またはAndroid 5.0以降。

2/3ページ

最終更新:7/10(水) 10:05
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事