ここから本文です

有村架純×坂口健太郎による珠玉のラブストーリー「そして、生きる」予告&ポスタービジュアルが公開

7/10(水) 12:00配信

シネマトゥデイ

 有村架純と坂口健太郎が共演するWOWOWドラマ「そして、生きる」の予告映像とポスタービジュアルが公開された。

有村架純×坂口健太郎「そして、生きる」の切なすぎる予告【動画】

 「ひよっこ」などで知られる岡田惠和によるオリジナル脚本となる本作は、東北と東京を舞台に、過酷な運命のもとで生きた瞳子(有村)と清隆(坂口)によるヒューマン・ラブストーリー。瞳子の友人・韓国人ハン・ユリ役を知英、瞳子に想いを寄せる高校の後輩・真二役を岡山天音、気仙沼で理髪店を営む昌幸役を萩原聖人、瞳子の育ての父親・和孝役を光石研、清隆の母親・美恵子役を南果歩が務める。

 公開された映像では、東日本大震災後の2011年、学生ボランティアとして気仙沼にやって来た清隆と瞳子が出会う場面から始まる。次第に距離を縮めていく2人は、将来を案じる家族と衝突し葛藤しながらも、生きていることの意味を探そうとする。やがて清隆は、貧困支援の仕事を志して単身フィリピンに。一方、大きな決意を背負った瞳子の前に、自身に想いを寄せる真二が現れる。

 そのほか、清隆の「俺が生きていることの意味が欲しい」、ハンの「幸せは自分の手でつかむんだよ。これだって思ったら、絶対死んでも放しちゃダメ」、瞳子の「全部わたしが自分で選んだことだから。だから何一つ後悔とかしてない」と必死に運命を切り開く彼らの不器用なセリフも印象的だ。

 本作では、東北(岩手県・宮城県)、東京、フィリピンでロケを敢行。全編6Kで収録を行っており、雲間から見える太陽や被災地に降り注ぐ雪、自然光や環境光を生かした映像美も見どころのひとつとなっている。(編集部・梅山富美子)

ドラマ「そして、生きる」はWOWOWプライムにて8月4日スタート(毎週日曜夜10時・全6話)※第1話無料放送

<あらすじ>

3歳のときに交通事故で両親を亡くした瞳子は、盛岡で理髪店を営む伯父に引き取られる。天真爛漫に育った瞳子は、地元のアイドルとして活躍することもあり、いつしか女優を志すようになっていた。19歳になった瞳子は、東京で開催されるオーディションに挑もうとするが、その前日の2011年3月11日、東日本大震災が起きる。その年の秋、瞳子はカフェで一緒に働くハンとともに、気仙沼のボランティア活動に参加する。瞳子はそこで、学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清隆と出会う。穏やかで整然と現場を取り仕切る清隆だったが、瞳子はなぜか彼のほほえみに違和感を覚える。清隆自身もまた過酷な運命を背負っていることを、瞳子は知る由もなかった。そして気仙沼で一緒の時間を過ごした瞳子と清隆は、いつしか互いに特別な感情を抱いていく。

最終更新:7/10(水) 12:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事