ここから本文です

地域観光型MaaSの実証実験、沖縄県・八重山で11月から

7/10(水) 14:30配信

レスポンス

TISが参画する八重山MaaS事業連携体は、沖縄県の八重山諸島で11月から地域観光型MaaS(モビリティアズアサービス)の実証実験が全国の牽引役となる先駆的な取り組みを行う「先行モデル事業」として、国土交通省の「新モビリティサービス推進事業」に選定されたと発表した。

八重山MaaS事業連携体が実施する「八重山諸島における離島船舶、バス、タクシーによるMaaS実証実験」は、離島船舶、バス、タクシーの乗車券を電子チケット化することで、スマートフォンでの電子チケット表示により加盟事業者の利用環境で処理し、対象の交通機関が一定期間乗り放題となるなど、公共交通手段のシームレスな利用を目指す。

また、MaaSに不可欠な乗降/利用などの各種データの収集・分析・活用による消費者、交通事業者、商業・観光事業者それぞれにメリットのある施策の実施を目指す。

実証実験では、沖縄セルラーアグリ&マルシェが加盟事業者利用環境整備を、JTB沖縄が交通・商業連携の旅行商品の提供とMaaS加盟事業者開拓を、琉球銀行がキャッシュレス決済の実現とMaaS加盟事業者開拓を、八重山ビジターズビューローが観光施設連携強化を、TISがMaaSプラットフォームの提供と全体取りまとめを担当する。石垣市、竹富町、沖縄総合事務局運輸部も参画し、国、沖縄県、八重山地域の観光・商業施策との連携に関する助言などを行う予定。

実験は11月から2020年2月にかけて実施する。

八重山MaaS事業連携体では、実証実験を通じて観光地型MaaSを実現し、将来的には地域住民の交通利用の利便性向上を実現するMaaSを展開し、八重山諸島に限らず、沖縄県全体に拡大することを目指す。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7/10(水) 14:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事