ここから本文です

韓国半導体メーカー、日本の規制は在庫削減の好機に

7/10(水) 17:03配信

ロイター

[ソウル 10日 ロイター] - 日本が韓国向け半導体材料輸出の規制を強化したことが在庫の減少や減産につながるとの見方から、韓国の大手半導体メーカー、サムスン電子<005930.KS>とSKハイニックス<000660.KS>の株価が10日、上昇した。

両社は、今回の日本の輸出規制強化で最も大きな打撃を受けている。短期的には、材料の代替調達先を見つけるのが難しく、在庫の減少・減産につながり、半導体価格を押し上げる可能性がある。

韓国の大手半導体メーカーの関係者は、日本の措置は「われわれにとっては、在庫を一掃し、在庫が積み上がらないようにするチャンスになるかもしれない」と述べた。

10日のソウル株式市場で、サムスン電子株は1%高、SKハイニックス株は4.44%上昇して終了した。

韓国経済新聞は9日遅く、匿名の業界筋の話として、サムスン電子とSKハイニックスが、早ければ今月中にもNAND型フラッシュメモリの生産を縮小することを検討している、と報じた。

両社はこの報道を否定したが、それ以上のコメントは控えた。

NAND型フラッシュメモリはここ1年、価格が急落している。生産が需要を上回るペースで伸びていることに加え、スマートフォンなどの電子機器の世界市場が米中貿易戦争の打撃を受けたことが背景にある。

韓国の半導体・ディスプレイ技術協会の朴会長は「韓国の半導体メーカーは、日本の措置による影響を最小限に抑えようとしているが、その一方で、各社にとっては、3カ月分の在庫を減らす良いタイミングになり得る」と述べた。

最終更新:7/10(水) 17:03
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事