ここから本文です

メルケル独首相、また震え=3度目、健康懸念強まる

7/10(水) 20:52配信

時事通信

 【ベルリン時事】ドイツのメルケル首相(64)が10日、公務中に全身を激しく震わせる症状を見せた。

メルケル氏、式典中激しい震え=脱水症状か

 同様の症状が出たのは約3週間で3度目で、健康状態への懸念が一段と強まりそうだ。

 メルケル氏は同日昼にベルリンで開かれたフィンランドのリンネ新首相を歓迎する式典で、起立して国歌の演奏を聞いている最中に体を震わせた。式典は屋外で行われ、気温は18度程度だった。メルケル氏は直後の記者会見で「調子は良い。心配はいらない」と健康への不安を否定した。 

最終更新:7/11(木) 14:07
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ