ここから本文です

柴崎岳、2部デポルティボ移籍の可能性浮上…ネックは条件面

7/10(水) 22:52配信

スポニチアネックス

 スペイン1部リーグ、ヘタフェの日本代表MF柴崎岳(27)が、同2部リーグのデポルティボに移籍する可能性が浮上した。

 10日にアス、マルカなどスペイン主要紙が報じた。デポルティボは1月に柴崎獲得で合意間近と伝えられていたが、高額な移籍金などでクラブ間交渉がまとまらず破談となっていた。今回、再び獲得に乗り出して交渉は進んでいるものの、ネックは契約がまだ2年残っている柴崎の移籍金など条件面。さらにスペイン1部、海外の数チームも柴崎獲得に興味を示しており、争奪戦になる可能性もあるという。

 スペイン1部で1999~2000年にクラブ唯一の優勝を果たしているデポルティボは、2017~18年に18位で5季ぶりに2部へ降格。2018~19年は2部で6位となり1部昇格プレーオフに進んだものの、決勝でマジョルカに2戦合計2―3と逆転で敗れ、1部復帰を逃した。

最終更新:7/11(木) 23:40
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事